うめぞーぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012 ドイツ・フランス その1

2012/09/05

この週、月曜日に長崎、火曜日福岡、水曜日福岡から帰って来て、一旦家に荷物を置いて、違う荷物を車に積み込み、やってきたのが成田エクセル東急ホテル。
東関東自動車道をかっ飛ばして、10:30の大浴場閉店ギリギリに飛び込み、一息付いて上がってきた時、窓を見るとフライトの終えた成田空港が。

_DSC0102.jpg

点検車輌が走り回っていました。

2012/09/06

そして、翌朝。早めに空港に。
三井住友銀行にて日本円現金をユーロに両替。いまなら手数料20銭引きらしい。

チェックイン時に「いままでCDGで2回、荷物なくされているんですけどっ!どうにかならない!?」ってお姉さんを困らせることを申し伝え、サクララウンジへ。いつものごとく、ここで朝ご飯&マッサージを。

さぁ、それでは毎度おなじみの機内食テロ。w

_DSC0106.jpg
ウェルカムシャンパン。Champagne Joseph Perrier Cuvee Royale Burt N.V.

_DSC0110_20120917232727.jpg
Frey-Sohler Riesling Scherwiller 2011 白ワインと、 人参ムースと雲丹 コンソメゼリー掛け, チキンの照焼き、スパイシーマリネ、蓮根揚げ。


_DSC0113.jpg
まずは和食から。京料理 わた亀 監修による、九つの小鉢膳 鴨ロースと秋野菜、ずわい蟹、青蓮芋と根芋、秋刀魚の昆布巻き、太刀魚焼霜造り、秋茄子煮、小鯛小袖寿司烏鰈柚香味味噌漬け、地鶏の治部煮、子持ち鮎鞍馬煮、サーモンの砧巻、子持ち若布。


_DSC0117.jpg
台の物 国産牛葱巻、大根の鍬焼き 南魚沼産コシヒカリの炊きたてごはん、味噌汁、香の物。


_DSC0116.jpg
続いて洋食。スモークサーモンと野菜のモザイク仕立て 香草マヨネーズソース チキンレバーのムースと玉葱のペーストを使ったケーキ仕立て クロッカン 山椒風味。パンはメゾンカイザーのパン。(゚д゚)ウマー

_DSC0119.jpg
特選A3和牛フィレ肉のグリル 柚子胡椒ソース。(゚д゚)ウマー


_DSC0120_20120917232805.jpg
デザートは和食洋食とも、洋梨ムース&マロンブリュレ クッキースティック添え JAL コーヒーディレクター川島良彰氏厳選のコーヒー。(゚д゚)ウマー


_DSC0128_20120917232803.jpg
スナックとして、アイス。なんと、ジャンポールエヴァン氏のチョコレートアイス。
下にあんずジャムか何かが入っていて、ほんのり甘酸っぱい食感の、チョコレートアイス。(゚д゚)ウマー


_DSC0124_20120917232804.jpg
現地時刻のお昼ごはん、いくらと鮭の笹漬丼。

機内では3時間くらいお仕事して、後は寝てました。
おかげで時差ボケ知らず。(`・ω・´)


そして、CDGからDusseldorf行きへ乗り換え。
ターミナルを2Cから2Fへ移動。
そしたら、なんと、バス移動。(´Д`)ハァ…
しかもそのバス、さっきまで乗っていたJAL機の隣の隣に!-_-;;

#あんなに歩かせなくたってよかったじゃん!


Dusseldorf に到着したら、今回の主目的であるライブ参加のうめさんがお出迎えにきて頂いてました。
#一旦出てもわからず、再度、到着出口へ探しに... (^^;;

だるちゃんもDusseldorfの駅にいるとのことで、タクシーでホテルまで行ってもらい、チェックイン。

ホテルはDusseldorf Mitt Hotel. 2階だったのですが、部屋の扉が硬くて全然開かなかった。きっちり作りすぎや!
天井は高く、冷蔵庫もありました。値段の割にはまずまずの感じ。

その後徒歩で駅へ。うまいこと合流し、みんなで夕飯を食べに。

2005年に出張で来た、かすかな思い出を頼りに行ったのは、Brauerei zum Schiffchen.

スターターとか全部無視して(w、Zum Beer と Zum Schiffchen Eisbein、おじさんオヌヌメの Metzgers Leibgericht.

_DSC0131_20120917232803.jpg

これがアイスバイン。豚のすね肉を塩漬けにして、いろんな香味野菜とともに煮たもの。(゚д゚)ウマー
下にはザワークラウト(酢漬けのキャベツ)があって、一緒に食べるとしつこくありません。

_DSC0134.jpg

こちらはMetzgers Leibgericht、ゆでたソーセージとマッシュポテト。
ひと通り食べて飲んで、一人15ユーロ。きゅっぷい。


ちょこっと涼みに出たのがライン川。

_DSC0143_20120917232816.jpg

ラインタワー(Rheinturm)の光は時刻を表しているそうなのですが、全くわかりませんw

この日はひたすら食べて寝て食べて食べて... で終了しました。
豚です。

つづく。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/18(火) 00:10:39|
  2. 2012ドイツ・フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012 ドイツ・フランス その2

2012/09/07

朝食はホテルのすぐそばにあったMac。ドイツならではのメニューがあるかな?
McCroissant と McMorning Country。McCroissant は、クロワッサンにハムとチーズが挟んであって、温めてある。
McMorning Country は、硬めのパンに、ソーセージエッグマフィンのマフィンを除いたものと、レタスが挟まっている感じだった。

午前中は町をブラブラ。

_DSC0152.jpg

パン屋さん。やっぱりフランス同様、朝はサンドイッチがメインなのかね。

_DSC1034.jpg

謎の像と薔薇。赤いバラがもう少し咲いていればなぁ。


_DSC0159.jpg

路面電車。細い路地にも入ってきます。

T-Mobile のお店に行って、10ユーロのプリペイドSIMを買ってみる。日本からe-MobileのGL04Pを持ってきていた。

おねーちゃん「あんたのへんな機械(GL04)じゃこのSIMは使えないわよ」
うめぞー「いや、使えるはず。そこをなんとか」
おねーちゃん「無理無理」
うめぞー「じゃ、記念品として買っていくわ。」

と、押し売りならぬ押し買いしてきた。w

結論から言うと、使えます。
ただし、Activateするのに2日かかってしまった。これは、買った日が土曜日で、月曜日になってセンター?でActivateされたからのようである。

1日0.99ユーロでパケット使いたい放題です。ドイツに行かれる方は、SIM Lock Free 携帯もしくはWIFIを持っていたら、チャレンジしてみるべきです。

買う時はパスポートが必要なので、お忘れなく。


_DSC0160.jpg

路面電車に乗ったら、ドアになんと、「ポテト持ち込み禁止」のステッカーが!
シンガポールの地下鉄はドリアン持ち込み禁止 というのは見たことあるけど、ポテト持ち込み禁止とは!
確かに、乗った駅の目の前には、フライドポテトのお店がありました...

ライブまでは時間があったので、Kolnまで足を伸ばしてみることに。
スーツケースをホテルで引き取り、KolnへRE(普通電車)で。
Kolnの駅構内に、コインロッカーがあります。
このコインロッカー、日本でもやって欲しい。というのは、タワーパーキングのようなコインロッカなのです!
荷物を入れておく「箱」に荷物を入れると、勝手に地下に潜って保管しておいてくれる。
スペースがない場所でも大量の荷物を預かってくれるというわけ!
RIMOWAの95Lクラスのスーツケースでも入りました。

お値段は2時間で3ユーロ、それ以上だと24時間で6ユーロだったかな。

お腹も空いていたので、Fruh Am Domで、ケルンビールとソーセージとジャガイモ。
ビール(゚д゚)ウマー

_DSC0181.jpg

大聖堂。
ちょうどこの前で結婚式?をやっていました。

_DSC0184.jpg

結婚式といってもカジュアルな感じ。
みんなでシャンパンで乾杯して、わいわい みたいな。


_DSC0187.jpg

大聖堂前に、謎の芸人がいました。
宙に浮いていますw

大聖堂の頂上まで行く時間がなく... (>_<)
大急ぎで荷物を取り出し、BochumまでREで。

駅前のホテル、Park Inn by Radission Bochum にチェックイン。安いのに中々良いホテルでした。


その先は May’n WORLD TOUR 2012「ROCK YOUR BEATS」 ドイツ Zeche Bochum 参加レポ へ!

つづく。
  1. 2012/09/23(日) 19:55:16|
  2. 2012ドイツ・フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012 ドイツ・フランス その3

2012/09/08

前夜のライブの興奮冷めやらぬまま、5時起きでBochumの駅へ。

_DSC0245.jpg

ミュンヘン方面へ行くICE2。形からも汚れ具合からも古さがわかる。

_DSC0279_20120923212006.jpg

我々の乗るICEよりも先に、各駅停車REが来た。
日本ではあまり見ることのない、推進運転方式。後ろから機関車が押す方式。
もちろん、運転士は最前にいて、機関車をリモートコントロールしているわけですが。
推進運転でも160km/hくらいは出します。
日本でこれをやっているのは、カシオペアや北斗星の上野駅進入時くらい。規則で時速25km/hしか出せません。

_DSC0295.jpg

25分くらい遅れて、我々の乗るICE3が来ました。2編成つなげているので、8x2 = 16両の長大編成。
ICE1は方端が動力車(機関車)だが、ICE3は新幹線と同様、動力分散式の「電車」です。


_DSC0304.jpg

二等車の車内。枕が落ちていたり はご愛嬌w
車内は綺麗です。モーター音は少しはしますが、かなり静か。


_DSC0320.jpg

KolnからPrisまでは、Thalysです。
ベースはフランスのTGV、色をワインレッドに塗ってます。国際列車で異なる電源に対応出来るようになっています。
高速走行をするために、両端がモンスター級の機関車、間が全て動力のない客車です。
車番が4304だったので、ベルギー国鉄の車だったようです。


_DSC0333.jpg

一等車の車内にて。ユーモアたっぷりに、車内で朝食を配ってくれました。
ドイツ語、フランス語、英語が話せるようでした。

_DSC0337.jpg

これは、ドイツ→ベルギーの国境越えのために出てきた朝ご飯。
パンオショコラ、紅茶もしくはコーヒー、希望すればフルーツジュース。

_DSC0348.jpg

そして、こちらはベルギー→フランスの国境越えのために出てきたお昼ごはんw
サンドイッチとスイーツ、コーヒー。
4時間弱、ただ乗っているだけなのに、2度もご飯が支給されました。

Thalys1等車内では、パリ北駅、Gare du Nord からのタクシーの手配もやってくれるようでした。手数料は13ユーロ。ちょっと高くない? 前の席にいた老夫婦も、最初は頼もうとしていたのですが、手数料の高さに、「Non Merci」となっていました。

_DSC0369.jpg

ほぼ定刻に到着した Gare du Nord。他にイギリス行きのEuro Starなども発着します。

_DSC0373.jpg

チェックインした、ピガール駅近くのホテル。窓からの眺め。いかにも「パリ」。

いやー、何度来てもパリのホテルは狭いよね...かつ、値段も高い。
一緒に行った人のホテルでは、エレベータが2人乗りという狭さw
うめぞーのホテルも、シャワールームがカシオペアのシャワールームより狭かったw

ライブの時間までの散策。ボンマルシェで生ハムやら色んな食料品をお買い物した後、ちょっと行ってみた。


_DSC0385.jpg

何故か、若い女子が大音量でエアロビをやってたりしたところは、

_DSC0403.jpg

エッフェル塔\(^o^)/
以前来た時は冬だったので、雲がかかっていたのですが...
緑の芝生で、女の子たちがドッチボールやってました。

_DSC0405.jpg

ゲイ風の二人が上半身ハダカになってたりw

_DSC0424_20120923220343.jpg

セーヌ川側からのエッフェル塔の眺め。

そして、Torocadero側からバスに乗って凱旋門経由でピガールへ。
このあとは、May'n WORLD TOUR 2012「ROCK YOUR BEATS」 フランス Divan du Monde 参加レポを見てね。

続く。
  1. 2012/09/23(日) 22:13:10|
  2. 2012ドイツ・フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012 ドイツ・フランス その4

2012/09/09

ここのホテルのシャワーは狭くてびっくりしたw

9時起床。筋肉痛?(^^;;
10時にチェックアウトして、荷物を引きずりながらPigalle駅より2号線でNation、1号線に乗り換えてGare de Lyonへ。

_DSC0498.jpg

最近建て替えられたのか、非常に綺麗な駅。
コインロッカーに荷物を預けたいのだが、場所がえらく分かり辛いところにある。N番線の地下。
汚く臭いエレベータに乗って行くと、コインロッカーがありました。
空港の手荷物検査のようなセキュリティゲートで荷物をチェックして、空いているコインロッカーに入れるわけですが... 結構混んでいた。

さらに、このコインロッカー、気をつけないとヤバい。
何かというと、「お金を入れてカードをもらう」機械が、コインロッカー数個で共有サれているのです。
うめぞーもこの罠にはまりました... どういうことかというと、同じエリアで荷物を入れようとする人がいます。入れて扉を閉めてお金を入れたつもりが、隣の人が騒ぎ出す...
先に閉めた方に「料金投入」の優先権があるらしく、後で閉めた方は先の人を待ってお金を入れないといけないらしい。
ところが、初めての人にはそんなことは分からんので、先に入れた人が両替しに行っている間に、後から入れた人がお金を入れちゃうわけですわ。

そうすると、後から入れた人は、カードは出てくるものの、自分のロッカーは閉まらず。
先に入れた人は知らない間に扉がロックされて、あたふた。

二人ならまだ状況がわかりますが、これが同時に4グループ巻き込んでやってみなさい...
しかも、日本語、英語、ドイツ語、???語が混じって... /(^o^)\

荷物預けるのに1時間弱も要するという... orz


_DSC0496.jpg

荷物預けて、ようやく自由の身になったら、外をセクシーなぬりかべみたいなのが歩いてましたw
何が入っているんだろうか?

_DSC0495.jpg

外のGare de Lyon駅。
ここからGare Montparnasseへ行こうとしたのですが、バスの時刻が不明。15分おき位に出ているはずなのですが、次のバスまでの待ち時間が表示されない。
天気もいいし、ここは貸し自転車 Verib で巡ってみることに。

ちゃんとクレジットカードが受け付けてくれるターミナルなら、借り方は簡単。
ただし、壊れていて受け付けてくれないターミナルが結構あるので注意。

_DSC0482.jpg

ノートルダム大聖堂。

_DSC0489_20120923225956.jpg

そして、1時間かけて汗だくで必死こいて着いた、クレープ屋さん Ty Breiz は、本日休業... orz orz
フランス人カップルも「今日、休みだー」「えー、せっかく来たのにー」 的なことをしゃべって帰って行きました。
疲れたので、帰りは目の前からバスが出ていたのでバスでGare de Lyonまで。

Lyon駅のBrasserie でキッシュとパニーニをテラスで頂く。

_DSC0501_20120923230112.jpg

Marseille 行きのTGVが入線したのでホームに向かう。
客室は全部2階建てである。

_DSC0505.jpg

乗車口でおねぇさんが立っているので、チケットを見せて乗り込む。

_DSC0510_20120923230110.jpg

旅行の風景って感じに撮れたかなw

_DSC0518.jpg

Premierにて。
静かな方に乗りました。隣は子連れファミリーだったのですが、躾が素晴らしく、子供たちもおとなしく本を読んだり窓の外を眺めたり。
お母さんがチケットをバックのどこかに仕舞いこんでいて、探す音が一番うるさかったかな。


まだまだ続く。
  1. 2012/10/08(月) 13:49:33|
  2. 2012ドイツ・フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012 ドイツ・フランス その5

2012/09/09

快適なTGVを降りた駅は、Aix-en-Provence.

_DSC0524.jpg

TGV専用線の専用駅として新造された駅。

_DSC0530.jpg

中に2本、通過線があります。
新造された駅なのに、エスカレータがない。
フランス全土でそうなんだけど、エスカレータというのがあまりない。
よって、ここで降りた人、殆どが、重いスーツケースや荷物をエッチラオッチラと運ぶことになる。

Aix-en-Provence市街行は、上りホームのMarseille側の階段を下ると、バスのりばに行けます。
バスは現金のみ。荷物は自分でトランクに入れます。

ここでうめぞー、現金が見当たらず、かなり焦る。
トランクに入れた荷物を慌てて引っ張りだしたり。はぁ。
結局現金は嫁のカバンの中にあったりして。ふぅ。

バスは市街地ちょっと手前でおわり。そこからは歩いて街なかへ。

_DSC0533.jpg

橋梁からの、在来線のAix-en-Provence駅。
なんと非電化である。ちょっとびっくり。

_DSC0536.jpg

Aix-en-Provenceは、プロバンスの水の都。このような噴水が街のあちこちにあります。
これはFONTAINE DE LA ROTONDE、ロトンドの噴水。

_DSC0546.jpg

現代の噴水。クラゲみたいなのが沢山!

_DSC0552.jpg

夕陽も陰ってましたが、サックスを吹くおじさん。カッコイイねぇ。

_DSC0574.jpg

通りのどまんなかに噴水があって、数百年経っている感じ。
コケとかがイイ雰囲気を出しています。



_DSC0594.jpg

夕暮れの街なか。日曜日ということもあって、人通りはまばらです。

_DSC0608.jpg

石畳とオレンジの電球が、いかにもヨーロッパという感じ。

_DSC0615.jpg

ライトアップしていたロトンドROTONDEの噴水。

_DSC0622.jpg

泊まったホテル。Hotel Saint Christophe。 テラス付きで、部屋は真っ赤なカーテン。天井も高くてよかったです。冷蔵庫はありませんでした。

夜はホテルのレストラン。でも疲労が激しく、あまり多くは食べれませんでした。。。
とりあえず、ブイヤベースは飲みました。完食は無理でしたけど、煮た魚が苦手なうめぞーでも食べれました。
美味しかったなぁ。

_DSC0579.jpg

ジェラート屋さん。美味しそうだったので食べてみました。でっかいカップに2つでしたが、ペロリと食べてしまいましたよ。お店の名前は、Giovanni Gelateria。フランス国内で何店舗かやっているみたいです。


つづく。
  1. 2012/10/08(月) 19:16:14|
  2. 2012ドイツ・フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012 ドイツ・フランス その6

2012/09/10

起床後、ホテルのpetit déjeunerをパスし、ミラボー通り近くの Pizza CAPRI でピザを一切買う。
昨夜のお散歩時に目をつけていたのだ。Aix-en-Provence TGV 駅で降り立つ人が緑色のピザボックスを持っていて、冷えたら美味しくないだろうに と思っていたのだが、なんとそのロゴと同じピザ屋が、ROTONDE噴水の近くの裏通りにあった。

焼いたピザをショーウィンドゥに置いてあり、注文すると300度に暖められている特性のオーブンで温めなおしてくれる。これが、えらく旨い!\(^o^)/

_DSC0652.jpg

この美しい噴水を愛でながら、ピザを食べ朝食とする。

_DSC0650.jpg

Aix-en-ProvenceはCézanneが産まれた土地、晩年を過ごした土地として、街なかの至る所にCézanneのマークがある。
Tourist Informationが近くにあったので、Provenceの地図を買う。
そして向かった先は

_DSC0642.jpg

Aix-en-Provence駅。ちょうどAvinion行の各駅停車が発車するところであった。
列車への落書きが残念。

駅前のHerzで車を借りる。
車はOpel Meriva。 1.7L ディーゼル。 Herzのカーナビ、Never Lostは無いのか?と聞いたら、Nonと。
/(^o^)\
仕方なく、先ほど買った地図と感でドライブ。

_DSC0668.jpg

Vincent van Goghの描いた、Pont de l'anglois、そう、アルルの跳ね橋。
平日の昼前、観光客ゼロ。w

私自身が画伯wなため、絵はほとんど興味が無かったのだが、セザンヌだゴッホだとなれば、来てみたくもなる。

次は、あてもなくここかな?と思った

_DSC0700.jpg

Pont du Gard. 2000年前に掛けられた、ローマ時代の水道橋。
右岸に行くか左岸に行くか、光の具合を考えて行きました。午後2時くらいだったので、写真は西側から。ちょっと山を登って、見晴らしのいいところから撮してます。

最後は、アルフォンス・ドーデ Alphonse Daude の小説に出てくる、風車小屋を見に。
 

_DSC0723.jpg

確かにここは高台にあり、小説の中ではいいロケーションなんでしょうけど、この風車小屋、同じ形であればいろんな所にありました。。。

この日はこれにて観光終了。
フォンヴィエイユ Fontvieille の町を通り抜け、一般道でムリエス Mouries を抜けて、Aix-en-Provenceへ。

夜ご飯は、途中で寄ったCarrefourでサラダを買って、朝食べたピザ屋さんでピザを買ってw、部屋で食べました。
疲れがかなりピーク。

続くよ。
  1. 2012/10/08(月) 21:53:03|
  2. 2012ドイツ・フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012 ドイツ・フランス その7

2012/09/11
疲労から朝はなかなか起きれず。
09:00 にチェックアウトして、ちょっと散策。

_DSC0747.jpg

苔生した街の噴水。朝日に輝いて美しかったです。

_DSC0760.jpg

例のピザ屋さん。朝から大量に焼いています。焼いたものをショーウィンドゥにスタック。
お客さんが来たら、温めなおして出してくれます。

_DSC0767.jpg

朝市。木の下でそれぞれがテントを張っていろんな物を売っています。

_DSC0776_20121118145724.jpg

雰囲気としては、全く観光客相手ではありません。じもてぃー向け。
でも見ていて楽しい。
観光客向けには先程のミラボー通りの噴水のところでおみやげ品朝市をしています。

_DSC0780_20121118145723.jpg

噴水ではしゃぐ黒い犬。
観光客が微笑んでいますが、私は見逃さなかった!
その向こうに、スーパーマンが!!!!www

_DSC0790.jpg

チェックアウトして、Highwayを東に。途中で出てきた山。
南フランスって、土壌豊かな土地かと思ってたら、こういう石灰石の白い山ばかり。
だからぶどうがよく育ち、良質なワインができるのか。なんか納得。

_DSC0821_20121118145829.jpg

着いた先は、香水の街、グラース(Grasse)。
恐ろしく急坂の街。車を止めてちょっと散策。
街自体がなんかいい香りです。(・∀・)
街灯にはご覧のように、花が植わってます!手入れ大変そう。
でも、この手入れをこなすくらい、ここの人たちは優雅に過ごしているということでしょうか。

Grasseには、3大香水メーカーがあります。フラゴナール(Fragonard), ガリマール(Gallimard), モリナール(Molinard)。その内のFragonardが出している、街一周のトロッコ。

_DSC0793.jpg

Fragonard は、香水博物館なども併設していたりしています。
シンガポールのラッフルズホテル公式のルームフレグランス、シャンプー、トリートメント、石鹸などもFragonard製です。

_DSC0806.jpg

街の様子。見下ろす形で撮影しています。

_DSC0813.jpg

Cathédrale Notre-Dame-du-Puy de Grasse前の庭に咲いていた、一輪の薔薇。

_DSC0814.jpg

庭の裏では芝刈り&お掃除。

_DSC0815.jpg

その横を向くと、なんと、絶景が広がってます!


このあと、街中で簡単にサンドイッチをつまんで、予約してあったGallimardの香水ツアーへ。
実は、香水を自分で作ることができ、ネットで予約したつもりだったのだが、どうもこれは無料の香水ツアーだったらしい。なんかおかしいので、受付で確認すると、別の予約が必要だという。
翌日で空いている時間は無いか確認してもらい、午前10時にお願いする。
ちなみに、予約サイトはこちらだそうです。(時々WebのRenewalで変わるので注意!)

Gallimardの無料見学ツアーのオフィスはここ。Route de Cannesにあります。

香水作りの場所はここ

予約したところでニースへ。
ホテルはボレアルというところ。車はその先のNice Etoileの駐車場へ。地下です。

ニースの駐車場はこのページが詳しく料金までわかります。

続く。
  1. 2012/11/18(日) 15:55:36|
  2. 2012ドイツ・フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012 ドイツ・フランス その8

2012/09/11

ニースに戻ってきて、ちょっとお散歩。

_DSC0837.jpg

ニースの路面電車。よく見てください!
そう、架線が無いのです。この区間だけ。景観も重視した結果、この前後の区間にある架線付きの区間でバッテリーに充電して、この区間はバッテリーだけで動いています。

_DSC0846.jpg

プロムナード・デ・ザングレ。
夕暮れにジョギングする人多いです。ベビーカーを押しながら走るカップルとか!

_DSC0849_20121118145930.jpg

晩御飯は、地元で美味しいと噂のイタリアンに。旧市街のLa Voglia
開店から30分立たないうちに満席!ウェイトレスのおねぇさんも、レベルが高いです。w

_DSC0855.jpg

ラザニア、ピザ、コート・ダジュール名物のロゼワイン。
激烈に旨かった!ラザニア、あっちゅうまに平らげた!

_DSC0862_20121118145929.jpg

かなりオススメのお店!
このお店の道路挟んだ反対側のお店は、バンドが演奏していましたが、お客あまり入っていませんでした...

_DSC0864.jpg

食べ終えて、プラプラ。

_DSC0866.jpg

オペラを歌い上げているおじさん。

_DSC0879.jpg

噴水前で写真撮影に応じる、頭のいい犬。

_DSC0884.jpg

マセナ広場を進む、夜の路面電車。美しい...

_DSC0889.jpg

マセナ広場では、仮面をかぶった人がギターを掻き鳴らしていました。
視線貰いましたw この姿だけでもカッコイイ...

_DSC0902.jpg

別の広場では、スプレー缶で絵を描いている人が居ました。
時々こんな感じでファイヤーしたり。

_DSC0905.jpg

10分くらいで描き上げた絵。このパフォーマンス、凄いです。
使っているのはスプレー缶、新聞紙、缶の蓋、へら。
速攻で誰かが購入してました。

続く。
  1. 2012/11/18(日) 16:39:52|
  2. 2012ドイツ・フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012 ドイツ・フランス その9

201209/12

ちょっと早めに起きて、街中のパン屋さんでサンドイッチを買い、車でGrasseへ。
途中のP.A.で車を止めてサンドイッチをほうばるも... ハズレを引いたようだ。orz

_DSC0913_20121118164136.jpg

開始時間までちょっとあったので、SNCFのグラース駅 (Gare de Grasse) に行ってみた。
谷間の終着駅。

さて、Garimard社の工房にて調合スタート。最初に一人45ユーロを支払う。
支援頂いたのは助手中国系のお兄さん。英語ペラペラ。それと、恐らく重鎮であろう、おばぁちゃん。推定80歳くらい。声が細くてよく聞き取れない。
時間が合えば、日本語を話す助手の人もいるらしい。

隣にはアメリカから来たというおばちゃん。
最初に5つの香りを嗅がされる。自分に好みの香りを2つ選べと。
これが、かなり、かなり難しい!
迷いに迷って2つ選ぶ。
そうすると、最初にベースノート と呼ばれるものを、助手の人が選んでくれる。7つの候補をテーブルに出されて、そのうちの2つを選べと。

_DSC0918.jpg

ベースノート、ミドルノート、トップノート と選んでいくのだが、ご覧の数の香水であるw
だんだん嗅覚がおかしくなっていく。トップノートをやる前には休憩があり、外に出てリフレッシュを命じられる。トイレ、もちろんGalimard社の石鹸。嫌な香りの全くしない、香りが凄くいいトイレ。

_DSC0927.jpg

向かい側にはイタリアからのおねぇさんが。

_DSC0928.jpg

全行程2時間ほど。
そして調合された香水は、このように容れ物に入れられてプレゼント。(容れ物代12ユーロだったかな)
出来上がったものが好みのものか... f(^^;;
そりゃ、一発で好みの香りが出来るくらいなら、調合師なんて要らないですよ。
ちょっとダンディ系の香りになってしまいました。もうちょっとユニセックスというか、花の香が強くても良かったかなぁと。失敗の原因はベースノートのようです。
そう、一番最初に選んだ、2つが、運命の分かれ道だったのです! (>_<)

_DSC0934.jpg

作り終えて、車をニース駅(Gare de Nice Ville)のレンタカー置き場に返す。

_DSC0941.jpg

TGV、ディーゼル列車、電気機関車牽引客車列車が揃う。なんとも不思議な感じ。

_DSC0945.jpg

この人達、駅員さん。

このあとはモノプリ(Monoprix)でお買い物。
ひと通り終わったら、最後の夜はフレンチで締めよう。

_DSC0970.jpg

行ったのはVoyageur Nissart。ここも地元の人には人気らしい。予約せずに突撃。
歩道の壁側に通される。

_DSC0952.jpg

ロゼワインと、生ハムとメロン!なんで美味しんですかね。。。

_DSC0959.jpg

玉ねぎソースたっぷりのステーキ。その向こうに見える小鉢はラタテュイユ。
ラタテュイユって、トマトソースで煮込んだものかと思ってたけど、間違いと認識。
オリーブオイルで炒め煮したものなのね...

_DSC0961.jpg

ラビオリのミートソースがけ。
全部、大満足のお味でございました。

_DSC0974.jpg

夜のBasilique Notre-Dame de Nice。手前の道路工事機材が残念だけど、寺院自体は綺麗にライトアップサれていました。

そして、次回、ファイナル。
  1. 2012/11/18(日) 17:35:23|
  2. 2012ドイツ・フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012 ドイツ・フランス その10

2012/09/12

帰国の日。
朝5時にチェックアウトして、ニースの空港行バス停までスーツケースを引きずりながら歩く。
なんとか始発のバスに間に合った。

_DSC0984.jpg

搭乗時刻は迫る。まだ夜明け前。

_DSC0993.jpg

機内ではクロワッサンかパンオレザンとコーヒーが振舞われる。

_DSC0996.jpg

CGDに着いたものの、飛行機からなかなか出られない。
ようやく出れたのは、着陸してから20分後。しかも、タラップ降り!

_DSC1001.jpg

CDGではかなりの時間があったので、ショッピングやら探検やら。
飽きてきたのでTerminal 2-E のラウンジに。なんと、できたばかりとのこと。
ショートパスタ、サラダ、チーズなどをワインとともに。

_DSC1013.jpg

帰りはAFのA380。JALとのコードシェア便です。

_DSC1017.jpg

以前乗った時のA380と、シートが変わってました!
写真は最前列。私は最前列ではなかったけど、このシート、かなり良いです。

_DSC1025.jpg

機内食。
サラダ、フォアグラ、サーモン、くるみを潰したもの。
ワインも美味しかった。

_DSC1029.jpg

貝柱とズッキーニとショートパスタ。
見た目よりずっと美味しかったです。w

_DSC1031.jpg

食後のデザートとコーヒー。

_DSC1033.jpg

朝はコールドミール。チーズ、ハム、蒸し鶏、クロワッサンとブリオッシュとコーヒー、デザートにメロン。

ということで、2012年フランスとドイツの旅、終了です。
  1. 2012/11/18(日) 18:29:50|
  2. 2012ドイツ・フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

番目のアクセスだよっ


プロフィール

うめぞー

Author:うめぞー
撮影日記、旅日記、出張日記、May'n、雑記。
興味・趣味は
・写真撮影(風景、鉄道など。人物をやりたいけど。。。)
・旅行(国内、海外。美味しいものを食べれて、きれいな風景を見れればおk)
・ストレス発散のためのキーボード演奏

連絡先→bonjour_mu-mu☆yahoo.co.jp(☆を@に)

RSSリンクの表示

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

May'n (99)
雑記 (426)
出張日記 (260)
撮影日記 (44)
旅日記 (145)
2012ドイツ・フランス (10)
2011 シンガポールの夏 (9)
2010 冬のフランス紀行 (13)
2009 冬のフランス紀行 (23)
2009 夏の北海道 (8)
2009 GW (10)
動画ネタ (28)
音楽 (18)
車 (21)
未分類 (39)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。